前門の夏休み、後門の難易度アップ (14年7月26日)

1週間、実家に帰っていた間中、仕事が忙しくて、ラジオ講座も自主学習も停滞気味だった。ましてやブログの更新など、放りっぱなし。昨日、東京の自宅に戻り、仕事も休みなので少しずつ取り戻している。

世間的には夏休み(私の場合は夏仕事)が始まり忙しくなる時期だというのに、ラジオ講座は4か月目で難易度がぐっとアップしつつある。4月に始める6か月コースだから、毎年この調子なのだ。絶対挫折するようにできている(笑)。

いっそ、英語の12か月コースみたいにして、7月末と8月はそれまでの内容を復習することに専念したら(再放送ではない)挫折者が減ると思うのだが、そこまで求めるのは酷だよね。私のように録音している人は、無理に9月に終わらせず、8月休んで10月末や11月末までに終わらせたっていいと思う。楽しまなきゃ損だ。

私の現状は以下の通り。

★まいにちロシア語 入門編 (林田理惠先生):なんと、ためずに聞いている。「今日の文章表現」ノートも自分の訳を書いてチェックしている。しかし!完了体、不完了体(英語でPrefective, Imperfectiveとどこかに書いてあった)、定動詞、不定動詞(英語でone-way, round-tripと説明していた)などという、後門の虎がガブガブ噛んでくる。イテテ。

★まいにちフランス語 入門編(大木充先生):ためずに聞いている。3週間分ディクテーションがたまっていたけど、今日全部片付けた。2時間ぐらいかかった(笑)。これは勉強でなくて、気晴らしなのだが、「テレビでフランス語」と似たテーマを扱っているので、興味をもって続けている。

★まいにち中国語(大木充先生小野秀樹先生):1週間分たまった。これは聞き流しでなく学習をしていて、ディクテーションに基づいて例文と対比例文をピックアップするので、手間がかかるのだ。8月中旬に再放送があるはずなので、そこまで1週間遅れで追尾する予定。

★まいにちドイツ語 入門編(中山純先生、ハンス・ヨアヒム先生):ためずに聞いている。でも学習ポイントをノートにまとめるのは、3週間遅れ。ドイツ語は学習していないんだから、どうでもいいようなものだが、この非常に変わった講座がどこにたどり着くのか、興味が尽きないので(笑)。比較のためにドイツ語の文法書も買った。
[PR]

by L-monger | 2014-07-27 22:51 | NHK語学講座 | Comments(2)  

Commented by p3-saito at 2014-07-28 00:56
>★まいにち中国語(大木充先生)
さりげなくお知らせする私って↑親切でそ?(^_^;
Commented by L-monger at 2014-07-28 23:03
どうも。

<< 独・仏ラジオ講座の教える単語数... ドイツ語入門編 Kompass... >>