表現を整理する良講座? 15-01月期レベハン(15年1月25日)

15-01月期レベルアップハングル講座(阪堂千津子先生、「思いを伝える会話術」)は、場面や目的別に表現を整理する講座だ。過去3週間、ずっと聞き流しているが、先生が巻頭言でおっしゃっているように文法説明は最小限に抑えて、表現のまとめに集中している。あまりに気に入ったので、1月号テキストを買ってしまった。以下に目次部分を示す。もっと内容を見たい人はNHK出版へ。

c0059093_12295186.jpg

前回の私の記事の言い方によれば、「表面」の表現をなるべく広範囲にカバーすることに特化し、「内部」の文法や語法の練習は控えている。

応用編としてとても良い方向性ではないだろうか。入門からこれまでずっと貯蓄を続けてきた表現は、ある程度の量になると、お互いがバッティングして混乱を起こす。

実際、最初歩の初心者は知っている表現が少なく、実際にフランス人や中国人と話す時にも迷いが少ない。後期の初心者や中級者はなまじ色々知っているから「あれかなあ」「これかなあ」と迷いだすのだ。

このやり方、「まいにちフランス語 応用編」や「レベルアップ中国語」でもやって欲しいなあ。「めざせ!発信型のフランス語」なんつて。
[PR]

by L-monger | 2015-01-25 14:01 | ハングル | Comments(0)  

<< 15-1月期 ラジオ講座スケジ... ラジオ講座の「表面」と「内部」... >>