15年-4月~6月 ラジオ講座受講スケジュール決定 (6月5日)

開始後8週目が終わりつつあるので、ラジオ講座の受講スケジュールを発表しておく。今年はなんか安定が悪くて、7月以降もこの状態で続くかどうか分からないが、とりあえず記録として残す。

c0059093_1420834.jpg

1.「レベ中」=「レベルアップ中国語」(15年1月期の録音;楊凱栄先生;間違いのない中国語を目指そう)→やっと最後の2週間に入った!

2.「ちが中」=「まいにち中国語」(08年10月期の録音;小野秀樹先生;ちがいの分かる6か月)→去年のがつまらなかったので(失礼)、もっと面白かったころのを懐かしんで。文法復習も兼ねる。

3.「まい西」=「まいにちスペイン語入門編」 (今学期;江澤照美先生;みんなのスペイン語)→これまで記事に書いた通り。

4.「まい中」=「まいにち中国語」(今学期;豊嶋裕子先生;大陸君の留学日記)→まだ簡単すぎるので、週2回、2倍速で7分間 x 2本ずつ聞いて内容の確認だけ。金曜日は飛ばし。

5.「まい仏応」=「まいにちフランス語応用編」(13年10月期の録音;福島祥行先生;Bon voyage, Manon!)→清岡先生の一月期の文法復習がせわしなかったので、もっとゆっくり文法復習するために。今回は単語を辞書で引いて、予習ありで。

6.「まい露」=「まいにちロシア語入門編」 (今学期;臼山利信先生;サバイバルロシア語)→これまで記事に書いた通り。

あと週末には軽く、西露の応用編と韓国語の金曜日を聞いて内容確認。
以上のような調子でやっている。
[PR]

by L-monger | 2015-06-05 14:22 | NHK語学講座 | Comments(1)  

Commented by L-monger at 2015-06-06 15:52
(るも) 簡単すぎるので、と書いた今期の「まい中」。スキットを聞いても特定単語(人名など)以外は聞き取れるからだ。でも、入門者のためのスピードとしては、これで良いのだと思う。去年の小野秀樹先生のは、5月くらいからもう中級者の学習素材にできるほどのレベル(語彙が豊富すぎる)状態だったので、私はありがたく使わせていただいたが、入門者はしんどかったろう。今年の10月期の再放送でも、始めたばかりの人は無理せずに、いつでも他の教材に逃げると良いと思う。(くらいつけば伸びるかもしれないが、あれは詰め込み過ぎじゃないかなー)。

<< 中国語のソラミミテスト ~ 異... 「みんなのスペイン語」が物足り... >>