18-4月期情報(4) NHKテキストナビ2018 (18年3月15日)

毎年恒例、書店で無料配布のNHKテキストナビ、一昨日もらってきた。例年より遅いのは、私が九州の実家に帰省したり(田舎ではテキストナビの配布も遅い)、帰宅後、仕事の締切に追われたりしたからだ。

昨年までとの違いは表紙がニョコでなく、朝ドラ女優の葵わかなさんがイメージキャラで乗っていることだ。写真の表紙なんて、英語の大幅変更(なのか?)のために予算が多いせいだろうか。

c0059093_14034403.jpg
でも私は英語講座にはあまり興味がないので、以下、例によって非英語講座を中心に転載する。

c0059093_14043693.jpg
中国語は全部のテキストの表紙写真あり。李軼倫先生は2015年10月期のレベルアップ中国語、藤岡みなみさんも出演した講座が面白かった。少し期待している。

c0059093_14073717.jpg
まいにちフランス語はキャッチフレーズがない!応用編の先生、2回載っている姫田先生を略せばよかったのに。ドイツ語もフランス語も入門編は、文法をまとめて教えないタイプみたいで残念。私は文法と単語だけ教えてもらって、後は自力でやりたい性格なので、手取り足取りはいらないや。

c0059093_14141628.jpg
ロシア語のキャッチフレーズが当たり前のことしか書いてなくてつまらない。でも入門編のタイトルが好きだな。「ロシア語文法のとびらを開こう!」前面から突破、大賛成!

c0059093_14170039.jpg
福嶌先生ファンなので私の学習言語ではない、スペイン語(とイタリア語)も載せておく。前期で入門編(月火水)やって、後期で中級編(木金)につなげるという、夢のような構成。お客さんの多いドイツ語、フランス語などではとてもできない芸当なので、うらやましい。


[PR]

by L-monger | 2018-03-15 14:23 | NHK語学講座 | Comments(6)  

Commented by hao3chi1 at 2018-03-16 07:55
4月の新講座発表はわくわくしますね。
私も大好き!ノリーがスペイン語講座に復帰!そして、肩書きが名誉教授になってた!という驚きが喜びと共にやってくる4月となりました。もう楽しみで楽しみで仕方ないです。
そして、るもんがさんスルーの英語講座ですが、とうとう大西先生がラジオ講座に進出!初登場テレビ講座を見て、学校英語で育った私は衝撃を覚え、よくぞ、この先生とマクベイ先生を探し出してきたな、担当者目利きだな、と感動しました。まいにち大西先生、というのも楽しみです(聴く予定)。
あとは、ポル語は通常運転再放送だし、ロシアゴスキーはエンドレスリピートモードだし、まあ、そのあたりかな、というところです。
Commented by めがくじら at 2018-03-16 08:43 x
こんな資料出てたんだ(何年も聴いてるのに知らなかったです)
スペインが、後期の週前半まるまる休みを妨げますね。
リアルタイムだと悩ましいところだなぁ。

一冊が高いこと。
好き嫌いのわかれるところですが、
特に遊び気を多く持たせるラテン系テキストは、一ページに情報量が少なくしかもおんなじ文章が違うページにも登場。。とコスパ下げすぎなきらいがあるので試し読み必須ですね。
Commented by とど at 2018-03-16 10:45 x
 こんにちわ、とどです。
 18年度テキスト販売されましたね。英語講座はいろいろとありそうです。2020年に向けてもあるので、どの講座もテキスト内容が充実し始めています。
 英語以外の講座については、いろいろと情報が出ていますが、意外と見落とし情報が散りばめられています。NHK語学サイトの新年度情報とテキストナビを拝見したのですが、

(1)「おもてなしの中国語」が後期の放送時間が未定(語学サイトになると「後期」に再放送するかどうかもわからないような書き方。
(2)「おもてなしのハングル講座」が後期に放送する予定(「おもてなしの中国語」はこの講座の開講によると思われる)。
(3)「ロシアゴスキー」は「後期・新作」。
(4)もちろん「旅する…」は「後期・新作」。

しっかり見ると18年度は奇妙な未確定情報が多いですね。あと、18年度、ラジオ講座のドイツ語・フランス語・イタリア語は文法等よりも話せることを重視した講座になっているようですね。これはこれで少し寂しいかなと個人的に感じています。時代の流れでしょうか。なお、スペイン語はさすが「NHK国内基本編成」に取り上げられているだけあって力が入っているという感じを受けました。
Commented by L-monger at 2018-03-16 14:16
はおさん、お久しぶりです。自分がファンであるところの先生が出てくると興奮しますね(この日本語、変です)。

私も気が付いていませんでしたが、とどさんのコメントであわててテキストナビを見直しました。テレビのロシアゴスキーは4月・7月がモスクワ・シリーズ(そういう名前なんだ~)の再放送で、10月が新作のようです。あー3か月ごとに割った2つのシリーズを作る予定だったのか~!だからエンドレスかもしれないけど、これから2つのシリーズが交互再放送かも、です。

それ以外はポル語、アラ語とも10月期に新作はないのでがっかりですね。
Commented by L-monger at 2018-03-16 14:55
めがくじらさん、この小冊子、昔よりコピーや説明文が少ないので、知らなくても大丈夫ですよ。私も急いで入手する気がだんだん失せてます。
コスパで言えば、昔の1レッスン2ページの時が使いやすい構成(めくらなくていい)で、価格も200円~300円で良かった。ワンコイン以内で安いというちょうちん記事は鼻で笑えます。
ご存知かもしれないけど、Amazon の Kindle版は少し安いし、ひょっとすると3月末、5月の連休前、9月末にディスカウントセールをやるので、電子版が気にならなければお得です(私は紙版の方が好きです)。
Commented by L-monger at 2018-03-16 15:13
とどさん、眼光紙背に徹する分析、ありがとうございます。後期に関する指摘は、蒙を開かされました。

「おもてなしの中国語」は10月期に時間が変わるかもしれないんですね。後期に「おもてなしのハングル講座」と入れ替わりでしょうか。わお。

「文法より話せること」はそう言わないとテキストが売れないんでしょうけど、宣伝屋はほっといて、作る側はあまり本気にしないでほしいなと思います。これらは車の両輪なので、片側だけだと路肩から崖の下にまっさかさまだと思いますけどね。

<< 18-4月期情報(5) 4月号... 18-4月期情報(3) 「各番... >>