18-4月期情報(5) 4月号テキストを買った (18年3月18日)

昨日3月17日はNHK外国語講座テキスト(英語以外)の発売日だったので、書店に行き、内容を吟味したうえで、以下の2冊を買ってきた。

c0059093_18282990.jpg
NHK出版のページに行けば、最初の数ページは試し読みできるが、文字の読み方やらなんかばかりで、リピーターの方々は通常レッスンが始まる3週目以降が興味があるだろう。そこで上記のテキストから、4週目のレッスンのページを以下に引用する。

★まいにちロシア語(入門編):ロシア語文法のとびらを開こう!(秋山真一先生)

c0059093_18290480.jpg
c0059093_18291689.jpg
私がこのテキストを買った主な理由は「ちょこっとコラム」(一番最後)のコーナーのためだ。この第12課では曜日の名前の意味の説明をしている。若い人は丸暗記すれば良いと思うが、年配の私などはウソでもいいから意味を説明してくれた方が、覚えやすいのだ。(他に横浜の発音がヨコガマになる理由とか)

あと、発音はカナでなく、ローマ字で振ってある(「発音のイメージ」)。少し癖があるけど(Хがkhなど)、いいアイディアだ。例文に新しい単語を入れてくれているので、単語を増やせるのも良いかも。

★まいにちドイツ語(入門編):ぶどう畑のマリー(藁谷郁美先生)

c0059093_18300230.jpg
c0059093_18302865.jpg
失礼、これは第2週だった。私がこのテキストを買った主な理由は挿絵がかわいいからだ(笑)。実は、挿絵の使い方にも先生の配慮がいろいろ働いているように見えるところだ。

また、場面別の表現練習になっている割には、文法的操作も練習しているような気がする。スキットは後ろのレッスンでは結構長いが、前に使った単語や文を何度も使う目的だと思う。これも気に入った。

フランス語や中国語の4月号は私には易しすぎるので、買わなかった。7月号ぐらいにレベルがあがってきたら買うかもしれない。

皆さんは何を買ったろうか?


[PR]

by L-monger | 2018-03-18 18:25 | NHK語学講座 | Comments(9)  

Commented by L-monger at 2018-03-19 14:00
(るも)テキストの画像をクリックすると拡大する。苦労して画像サイズを調整したのに、書き忘れていた。
Commented by みどり at 2018-03-20 13:18 x
こんにちわ、るもんがさん。私も4月号からロシア語のテキスト定期購読してます。ロシア語学習3年目です。3年と言っても途中で休んだりしてたので格変化からやり直しなんですが。今までよかったと思う講座はサバイバルロシアです。今は大人のためのロシア語をテキストみながら聞いてます。でも初心者には難しいですね。
Commented by L-monger at 2018-03-20 15:47
みどりさん、お久しぶりです。長年ラジオ講座ファンでいらっしゃったようですが、ロシア語学習は私と同じく3年目なんですね。まあ、いろんな外国語がありますから。英語とか(笑)。

サバイバルロシア語は私もファンでした(これが1年目の講座でした)。コンパクトにまとまっているから全体が鳥瞰しやすいんですよね。大人のためのロシア語は聞き流しただけで(自力解釈してから聞いたぐらい)例文ひろいしてないので、大きなことは言えません。

これからも格変化を楽しく苦しみながら続けていきましょう!
Commented by みどり at 2018-03-20 16:30 x
コメントありがとうございます。ロシア語を始めたのは今までヨーロッパ言語をやってってちょっとテキストのパターンが飽きてきたっていうのが大きな理由です。特にロシアが好きとかいうんじゃないんですよ。そのせいかもしれないんですが、NHKのテキストとラジオだけ聞いてわからない部分、覚えてない部分は飛ばしていいかな?とも思ってます。ロシア語なんかドイツ語と似てません?ひたすら格変化の説明みたいで。毎年ちょっと高いなとも思いつつテキスト買うのも年とってくると何年度はなにやってたとか思い出がなくなってくるのでテキスト買ってラジオを聴くだけでその年の思い出ができるっていうのもあります。るもんがさん色々試行錯誤されてるようですが、がんばってらっしゃってやめないですごいなと思ってます。
Commented by L-monger at 2018-03-21 14:34
みどりさん、同じですねぇ。私もロシア、ドイツ、中国、フランスの国家や文化、歴史に特に思い入れがあるわけじゃないです。ただ、それぞれの言葉には思い入れたっぷりです(笑)。数学好きが数式を美しいと思うようなものかな(自信なし)。

古いテキストを持ち出して寝床で読み返すと楽しいですね。思い出づくりなら、一講座に一冊あれば十分かなあ、なんて…。勉強するなら7月~9月みたいなカタマリが必要ですけど。

ロシア語文法など、いっぺんに覚えようとすると頭が爆発すると思います。昨日など、定・不定動詞と完了・不完了動詞のグループが一度に提示され、これは例文15個だけ覚えるにとどめようと心に決めました(1週間分くりかえす分量)。

がんばらないのが、私の続く秘訣です(笑)。
Commented by みどり at 2018-03-22 09:47 x
こんにちわ。ロシア語のほうは途中で挫折したので、ストリーミング中心にしてるんですが、わからない部分がいっぱいあります。そのシリーズによって文法のしくみがわかりやすい講師と、ロシア語を「楽しむ」に重点おいた講師と人によって違うので、「あ、これは自分は無理だな。」と思ってもテキスト買った以上もったいないのでひたすらストリーミング聞いてます。昔はご親切に過去の放送 ユーチューブで投稿してくれてた人がいてそれで勉強してたんですがいきなり削除って事が何度もあったので今はストリーミングのみで過去の放送でわからなかった点は来季にするって決めてます。毎日15分で文法1課こなすのって思ったより時間がかかるので、隅から隅まできちんとできなくて。今はどちらかと言えばハングル中心なのでロシア語の比重はやや軽いんですが、それでもテキストもったいない(こればっか)ので応用編聞き流しだけでいいやと思っても基礎編も欲が出て聞くことは聞いてます。

過去のテキストも思い入れがある講座の「ここはこんな風に解説してるのが滑稽だった。」とか特徴あったのは思い出せますが、こんなのあったかな?というのも多くて。イラストやレイアウト、フォントや構成など普通の本や雑誌でできない楽しみありますね。

ところで中国語講座のレベルアップ中国語、また再放送なんですね。「間違いのない~」シリーズだと思いますが。このシリーズは過去なかり頑張ったのでテキストあることだしさらっとストリーミングだけ聞こうと思ってます。再放送、テキストの二重買いになってもったいない部分もありますが、また値上げするかもしれないので二講座半年分ぐらいは基礎編、応用編とうまく組み合わせて購入してます。

長くなってすみませんでした。3月もあと少しなので4月から楽しみですね。
Commented by L-monger at 2018-03-24 21:41
みどりさん、ロシア語がハングル講座のサブならばあまり力も入れられませんね。例えば造格の男女中複がどうのというより、「新年おめでとう」が「ス・ノーヴィム・ゴーダム」っていうんだーという程度の楽しみにしておいた方が良いかもしれません。私もそれに近いです。

レベルアップ中国語もハングル講座も再放送しかなくなってしまいましたね。つまりませんね。あまりテキストが売れないから、アラビア語やポルトガル語と同様、数年間同じ内容でリサイクルし続けるつもりでしょうか。だったら、アンコール講座にして往年の入門編や応用編の名作とレベルアップの代わりばんこにすればいいのに…と思ったりしています。
Commented by hao3chi1 at 2018-04-02 20:41
るもんがさん、挿絵と言えば、スペイン語講座は、「漫画を描くこと」が趣味(テキストの講師紹介より引用)の、のりぃ先生画です。是非、先生の素敵なイラストをテキストでご覧くださいませ。
Commented by L-monger at 2018-04-03 21:10
はおさん、情報ありがとうございます。そしてそちらのブログの記事も読みました。おお、先生の大ファンだったのですね。私は小ファンですが、気持ちは分かります。テレビ・ラジオ講座の先生の中でも断トツの面白さですものね。

ご存知かもしれませんが、「スペイン語の贈り物」という単行本の中でも挿絵の腕を発揮されています。図書館で借りて読みました。内容も面白いですよ。私はスペイン語学習者ではないのですが。

<< NHK語学講座で入門編と初級編... 18-4月期情報(4) NHK... >>