来週から新学期: 流し聞きスケジュールを思案中 (18年3月29日)

ラジオ講座は来週から新学期、18-4月期が始まる。テキストはもう買ったし、TalkMasterの録音設定は明日やり直すつもりだ。

このブログの愛読者の皆さんはご存知かと思うが、ここ数年、私はラジオ講座をリアルタイムで学習しないようにしている。その理由としては(1)最後まで聞かないと自分の学習に向いた講座かどうかわからない、(2)最初はペースが遅すぎ、最後はペースが速すぎる、という2点があげられる。そのため、リアルタイムでは聞き流ししつつ録音し、講座の完了後、じっくり自分のペースで取り組むことにしている。例えば、最後の3か月分だけを6か月かけて学習したりするような形式だ。

問題は今回、西独仏露中の5か国語の入門編を流し聞こうとすると、多い日は1時間15分間も時間がかかってしまい、自主学習の例文瞬訳の時間にまで割り込むおそれがあるということだ。それでは本末転倒なので、1日に30分間(1.2倍速で25分間)に抑える対策スケジュールを考えている。例えば以下のようなものだ(朝と昼は別メニュー)。

c0059093_14391205.jpg
ロシア語とドイツ語はテキストを買ったので、週の前半と後半に分けて全部聞こうかと思う(1.2倍速で)。残り3か国語はかったるいので(笑い)15分間を全部聞かず、半分の7分間ぐらいずつをカップリング(中+仏)および(中+西)にしようかなと思う。

それでも4月中は本当にかったるい。中国語のピンインの読み方などは今さら聞きたくないので、ひょっとして中国語はスキットが始まる第3週目までは聞かないでおこうかとも思う。スペイン語は今は学習言語でないが、ノリ先生が力を入れているみたいなので、様子を拝見する(ついていけなかったらドロップアウトするつもり)。フランス語は…綴り字の読み方で退屈することはなさそうだが(本当は良くない)、聞いてみるまでは分からない。逆に良さげに見えるロシア語とドイツ語もどうなるか分からないし、上記のスケジュールはまだ単なる妄想段階だ。


[PR]

by L-monger | 2018-03-29 14:53 | NHK語学講座 | Comments(4)  

Commented by みどり at 2018-03-30 12:50 x
こんにちわ。私もスペイン語のノリ先生好きです。とにかく神経質になって覚えるというより「楽しむ」事を心がけてるというか。15年ぐらい前、英語以外で勉強したのがイタリア語だったのでスペイン語もテキスト持ってますが、イタリア語とスペイン語すごく似てて、スペイン語は諦めました。今でも時々スペイン音楽聞くのが好きです。
Commented by L-monger at 2018-03-30 14:05
みどりさん、イタリア語とスペイン語とポルトガル語は似てますね。同時に学習スタートすると冠詞類が混ざります。混ぜるな危険!(笑)。まあ、時間をおいて学習すればOKでしょう。

文法規則とか単語とか、何べん忘れても構わないつもりで覚えるのが良いと思います。だれかが言ってた例えでは、外国語学習は「ざるで水をくむ」みたいなもので、忘れたことを嘆くより、忘れる以上の量を毎日覚えれば良いのです。なんか、イザナギ、イザナミみたいですが。
Commented by L-monger at 2018-03-31 12:22
(るも)明後日が新学期の第1日目だ。ただし、この記事に書いたスケジュールどおりには聞かず、西独仏露中の5か国語を全部通し聞きして感想を書こうかと思う。自主学習の例文瞬訳はさぼることにする(笑)。
Commented by L-monger at 2018-04-05 14:18
(るも)講座を聞き始めたばかりの人で、自分に続けられるか、不安な人もいるようだ。英独仏西の入門編は6か月で72回、中ハンなら6か月120回もあるからね。

ここで一つ斬新なことを言うが、意志の力で続けない方が良い。日に3回も再放送があるから、時間をやりくりすれば聞けるだろうという人がいたが、意志の力でそれを続けるのは無理だ(あえて言うが)。

そうではなくて、時間を決めて聞くのが良い。私の場合は夕食の後かならず聞くことにしているので、聞かないと気持ち悪い(歯磨きと一緒)。こうなれば自動的に100回でも200回でも続けられるのだ。(放送時間とは絶対に合わないので、録音またはネットのストリーミングなどが必須だが)。

<< 新学期18-4月期:第1・2日... NHK語学講座で入門編と初級編... >>