仏語コナン-30 第4の事件完了&単行本2冊目が終わった (18年4月30日)

仏語版「名探偵コナン 第30巻」の第4の事件の学習が完了した(29巻から通算して第8の事件)。作者・青山剛昌さまと翻訳者M. Thibaud Desbiefさま、Merci beaucoup!

これで単行本2冊目が完了した(このエピソードは30巻で終わらず、31巻の冒頭の1回分まで割り込んだが)。これで2014年10月から3年半の間、学習した。中学や高校に通うより長い時間とは笑ってしまう。どうやって学習しているかは、以下の記事をどうぞ。

参考記事:フランス語版コナンで武者修行を開始 (14年10月14日)

以下は内容のサンプルだ。
c0059093_14325872.jpg
これから抽出したり、改変したりした例文のノートは以下の通り。
c0059093_14350281.jpg
「そんなの決まっているじゃない」とか「君は筋がいいねえ」とか「それは特に意味がない」」とか、よく聞く日本語に対応するフランス語訳の工夫が面白かった。

さて、学習時間が限られてきてしまっているので、仏語版コナンの例文学習はこれから半年ぐらい休んで、その間、ラジオ講座のテキストから例文拾いして(楽して)学習しようかと思う。(その代わり、今休んでいる中文版ドラえもんの例文学習を再開する)。今やっている独語と露語の代わりばんこと同じで、仏語と中文を交互に学習する予定だ。もちろん復習モードの最中は、過去の例文を繰り返し学習して身に着けるつもりだ。


[PR]

by L-monger | 2018-04-30 14:41 | フランス語 | Comments(1)  

Commented by L-monger at 2018-05-02 15:49
(るも)すでに31巻を買ってしまっているので(本文に書いた通り1つのエピソードが30巻で終わらなかったため)、戻ってくるつもりではいるが、3年半もやっているとレベルアップしているみたいで、以前のように1週間分の例文を拾うのに2ページでは不足するようになり(知っている単語が増えた)、4ページから6ページも進むようになってしまった。

だから半年後には別の教材をスタートするかもしれない。コナンは多読に回して(多読するには、フランス語のマンガ本は高価なんだけど)。

<< ラジオ講座を繰り返さず、例文を... 新学期 第4週目の入門編は来週... >>