自主学習:フランス語と中国語をとりかえっこ(18年5月28日)

3週間、ブログをご無沙汰した。九州の実家の父が入院したり、転院したり、退院したりしてその間忙しかったので、2週間ほど語学ができなかったのだ(英語の仕事はずっとしていた)。しかし、目鼻がついて東京の自宅にもどったので、今週からようやく語学に復帰する。やっほう。

表題の「とりかえっこ」だが、昨年9月から今年4月まで、フランス語=仏語版「名探偵コナン」からの例文拾い、中国語=「まいにち中国語」(17年4月期=高木美鳥先生;聞いて話す!耳から覚える中国語)からの例文ひろい、をやっていた。片方はマンガ、もう一方はラジオ講座だ。それが両方とも終わったので、この5月から交換して、フランス語=ラジオ講座、中国語=中国語版ドラえもんをネタとして例文ひろいすることにする。今後6か月の予定だ。

フランス語は「まいにちフランス語 応用編」(17年10月期=姫田麻利子先生、前半=フランソワ・ルーセル先生、後半=マリー・フランソワーズ・パンジエ先生;日仏交流さんぽ)をネタ元に使う。この講座は4課でワンセットなのだが、第3課の会話パートと第4課後半の表現まとめだけを使う。第1課、第2課の和文仏訳と第4課前半のSNSは使用しない(私には難しいので(笑))。全12回、3か月くらいで終わるので、その後は別の応用編を使う予定。名探偵コナンよりワクワクしない内容だが、偏った栄養(学習内容)へのサプリみたいなものと思ってやる。

→過去記事へのリンク=17-10月期フランス語応用編とロシアゴスキーのページ紹介 (17年10月1日)

中国語は、去年休止状態に入った中国語版「ドラえもん」からの例文拾いを再開する。コロコロコミック版第4巻相当のもので「のろいのカメラ」からスタートだ。実用的な高木先生の「耳から覚える中国語」も良かったのだが、やはりマンガの台詞は面白い。「ううん、考えただけでもおそろしい(啊呀,光想想都觉得可怕。)」とか「君の顔は怒っても面白い顔だね(你这张脸,生起气来也这么滑稽。)」とか、内容も文法もラジオ講座よりずっと面白い。

実を言えば、仏中両方ともマンガをやりたいのだが、1回分それぞれ週3日くらいかかるので(仕事の合間にやるため)、二つともやると滞ってしまうから、仕方ないのだ。ラジオ講座なら1日で例文ひろいできる。さて、半年間、楽しもう。


[PR]

by L-monger | 2018-05-28 18:06 | 学習法 | Comments(0)  

<< 現行のまいにちロシア語入門編:... GW再放送期間に第4週入門編を... >>