18-4月期 流し聞きゴールインしての感想 (18年10月1日)

先週で4月期の各講座が終了した。私は将来ちゃんと学習する講座を選ぶため、そして楽しみのため、一回目は単に最後まで流し聞きするようにしている。以下、感想。

★まいにちロシア語(入門編):ロシア語文法のとびらを開こう!(秋山真一先生)
途中で流し聞きを中止した。私には合わなかった。
→ 参考:現行のまいにちロシア語入門編:残念だけど2か月で流し聞き中止(18年6月2日)

★まいにちスペイン語(入門編):”お・も・て・な・し”のスペイン語(福嶌教隆先生)
なかなか面白いと思ったが、途中で流し聞きを中止した。スペイン語は学習対象ではないので。

★まいにちドイツ語(入門編):ぶどう畑のマリー(藁谷郁美先生)
最後まで流し聞きした。練習問題の言い換えを簡単にして、その分、感情をこめてほしいという教えだったが、私には易しすぎて退屈なので、将来学習ネタにはしない予定。

★まいにちフランス語(入門編):Sautez le pas ! 1歩踏み出そう!(野澤督先生)
最後まで流し聞きした。フランス(フランス語圏)のいろんな話題を取り上げているのは興味深かった。しかし文法や構文は私には易しすぎるので、将来学習ネタには使わない予定。

★まいにち中国語:ゆったりとしっかり学ぶ中国語(李軼倫先生)
李軼倫先生の例文の日本語訳が素晴らしかった。日本語→中国語の訳し戻しを練習すると、感情が込めやすくて良いと思うので、将来、ちゃんと学習する予定(たぶん後半3か月だけ)。

というわけで、今学期は途中中止2本、最後まで流し聞き2本、将来学習予定1本となった。

私がリアルタイムで学習しない理由は以下を見てください。
→ 参考:タイムシフトでマイペースに楽しむNHK語学講座(17年2月6日)


[PR]

by L-monger | 2018-10-01 14:29 | NHK語学講座 | Comments(0)  

<< 18-10月期スタート 新作応... 18-10月期の情報(3):来... >>