人気ブログランキング |

19-4月期情報(6) 明日から新学期/フランス語4月号テキスト (19年3月31日)

明日、4月1日からNHKラジオ・テレビ外国語講座の19-4月期が開始になる(ラジオはまず入門編から)。受講してみようと思っている方は準備は良いだろうか? テキストを入手し、録音・録画する人は器械に予約をしておこう。私はすでにやった(ついでに先学期の音声ファイルを整理した)。

さて遅くなったが、私が買った2冊の4月号テキストのもう1冊、まいにちフランス語4月号の内容を下にお見せしよう。NHK出版のプレビューでは見れないページを選んだ(このぐらいまで先に来ないと、内容が分からないのに、各販売サイトのプレビューでは、その手前までしか見せてくれないのが残念だ。)表紙以外の各画像は、クリックすると拡大する。

19-4月期情報(6) 明日から新学期/フランス語4月号テキスト (19年3月31日)_c0059093_16270374.jpg
★「まいにちフランス語 入門編」(小松祐子先生世界のフランコフォンと話そう!)(月・火・水)

19-4月期情報(6) 明日から新学期/フランス語4月号テキスト (19年3月31日)_c0059093_16285855.jpg

以前の記事にも書いたが、フランコフォン(フランスとそれ以外の国のフランス語を話す人たち全員)を前面に押し出した、初の入門編だ。もっとも入門編なので、非フランスのフランス語の発音・語彙・文法を取り上げるわけではなく、教えるのは標準的なフランス語なので初心者の方も安心だ(私は残念だが)。

サンプルとして第3課(1課が計4ページ)を以下に載せる。字が小さいので1課にたくさん教えるみたいだ。予習復習よろしく、というところ。リピーターの方は退屈しないだろう。

19-4月期情報(6) 明日から新学期/フランス語4月号テキスト (19年3月31日)_c0059093_16350697.jpg
フラコフォニーのゲームというのはどんなゲームなんだろう? 文法を簡潔に説明し、小さな練習問題がたくさんある。しかしアルファベットの読み方(英語と違って、かな~り独特)がちょっと弱い気がするので、全くの初心者の人は別途、綴り字の説明の詳しい参考書を学習すると幸せになれるかもしれない。

19-4月期情報(6) 明日から新学期/フランス語4月号テキスト (19年3月31日)_c0059093_16363306.jpg
各課の4ページ目にはフランコフォニーの説明がある。入門者の人はここのフランス語を理解できる必要はないが(日本語訳が併記してある)、読んでみると歴史がざっと理解できる。私もこのところ毎晩寝る前に読んでいるが(日本語訳でなくフランス語原文を読む努力をしている)、この入門編は4ページに字がたくさん書いてあり、なかなか読みごたえがある(すぐ寝てしまうので12課分を読むのに、3日以上かかっている(笑))。さて、明日からのレッスンは毎回忙しくなるのかな(全部扱わないかも)。

★「まいにちフランス語 応用編」(野澤丈二先生、シルヴィ・ボォ先生;フラぶら~ Flanerie dans le Japon quotidien)(木・金)

まずは開講のお言葉。

19-4月期情報(6) 明日から新学期/フランス語4月号テキスト (19年3月31日)_c0059093_17345354.jpg
この応用編は昨年2018年10月~12月の再放送で、私はすでに通し聞きしているのだが、フランス人が興味を持つ日本の側面を紹介するのでなかなか興味深かった。「おもてなしのフランス語」として考えれば、ちょっと上のレベルかもしれない(その後1月期の井上美穂先生の「おもてなし」(
この7月期に再放送予定)はもう少し普通というか、下のレベルで、実用的なご案内のフランス語を求めるひとはこちらの方が良いかもしれない。)

19-4月期情報(6) 明日から新学期/フランス語4月号テキスト (19年3月31日)_c0059093_17394994.jpg
この応用編のページ構成はちょっと珍しいもので、
つのレッスンをまとめて扱い、課分8ページが一つの単位になっている。スキットは2課分をまとめて聞き、1つのスキットを2課に分割して説明する。繰り返しリスニングさせたいという意図だろうか。ここにあげた3課、4課は渋谷のスクランブル交差点を見に行く話(ね、日本人の視点と違うでしょ?)

19-4月期情報(6) 明日から新学期/フランス語4月号テキスト (19年3月31日)_c0059093_17433132.jpg
19-4月期情報(6) 明日から新学期/フランス語4月号テキスト (19年3月31日)_c0059093_17435466.jpg
上記4ページ分の解説では、日本語訳はあるものの、単語の説明をフランス語で試みている。ある程度レベルが上がったら、仏仏辞典を使うと良いというが(ニュアンスが分かるほかにも、たくさんフランス語に触れられるので)、その予備練習みたいにできるかもしれない。その場合、日本語訳を読まずにフランス語をちゃんと読んだ方が良いだろう。

19-4月期情報(6) 明日から新学期/フランス語4月号テキスト (19年3月31日)_c0059093_17440394.jpg
最後の2ページは講師の方々の意見交換をスクリプトで見せている。学習者のやる気によるが、ここを見ずに自分でディクテして、このページで答え合わせすれば、すごくフランス語力が付くだろう。時間がなければ、日本語を隠しつつフランス語を読むだけでも良いかもしれない(仏日を左右のページに別々にしてほしかった…)。使い方次第では、すごく役に立つ応用編と思われる。私はまだ例文拾いと反復発音する、例の学習をしていないので、単なる予想だが。

以上、新学期4月号のフランス語テキストの紹介をした。この記事が役に立った人はコメントを残すか、下のハート印をクリックしてくれると、将来的に私がもっと記事を書く励みになるので、よろしくお願いします。


by L-monger | 2019-03-31 18:04 | フランス語 | Comments(2)  

Commented by こういち at 2019-04-11 10:56 x
ハート印をクリックするにはエキサイトブログに登録しないといけないようなのでコメントにします。
私はフランス語講座(しかも万年入門編)しか聞いていませんが、このブログはいつも楽しく拝見しています。これからも頑張ってください。
Commented by L-monger at 2019-04-13 12:46
こういちさん、ありがとうございます。ハート印、不便で申し訳ありません(このために空白のブログを作っていただいた方もいたみたいで、その方も申し訳ありません)。

コメントありがとうございます。私もいくつかの言語では万年入門編です。人生の時間は限られているのだから仕方ないですね。よかったらまたコメントください。「読んだ」だけで結構ですから。

<< 新学期19-4月期: 第1課の... 19-4月期情報(5) NHK... >>