人気ブログランキング |

19-10月期の開始(3) ラジオ応用編新作 初回感想「まいにちロシア語/フランス語/スペイン語」(19年10月10日)

先週から19-10月期がスタートした。ラジオファンの私がなぜすぐに感想を書かないか疑問に思った人がいるかもしれない。答え=トークマスターの充電を怠り、初回の録音が途中で切れまくったから。

でも今はストリーミングがあるので、翌週になればネットで聞くことができる。ソフトを使えばダウンロードもできる(ラジリンガルなど)。便利である。ドロップアウトを生み出す罠である(笑)。

リンク→ NHKゴガク(ラジオ講座の前週分を聞ける。むしろネット講座と呼んでも良いかも)

入門編は再放送なので、いずれも一度聞いたことがあるから、3つの応用編だけ感想を書いてみる。お断りしておくが、ただの印象なので後で変わるかもしれない(以前に何度もあった)。以下、私の興味ある順番で。

c0059093_20442128.jpeg

★ 「まいにちロシア語 応用編」(クセーニャ・ゴロヴィナ先生、パートナー小賀明子さん;インタビューで磨く表現力

久々にロシア人の先生の応用編。クセーニャ先生の日本語がかわいい(失礼)。通訳者・小賀さんの日本語は聞きやすい。

6か月で3人のインタビュー(バレリーナ、指揮者、映画監督)。1人2か月は長いかと思ったが、いえいえ。最初は元プリマバレリーナ、ロパートキナさんだが、クセーニャ先生のお母さんはバレエ学校の副校長だったりする(先生はバレエの道に進まなかった)。インタビューが適当に持ってきた素材ではなく、先生たちとの関係性が深いのだ。当然内容も深いところをついてきている(という気がする)。

私には単語レベルが高すぎるので知っている単語が全体の10~20%程度しかないが、説明されれば文法構造は何となくわかる。ロシア語自体に興味を持って聞き続けられるか、微妙だがとりあえず、冷凍保存しながら聞いてみる。明日のために!

毎回の文法ポイントもよい復習になっている。私のレベルが低いから(笑)。できる人にはうっとおしいんだろうな。

★ 「まいにちフランス語 応用編」(清岡智比古先生、フロランス・メルメ・オガワ先生;フランスで『世界』と出会う~ La France: carrefour du monde)

おなじみ清岡先生とフロランス先生(しかし、このペアは初めて)。

清岡先生の過去の応用編と同じく、毎回ウォーミングアップとして大きな数の聞き取りをやる。私は聞き取れるのでメンドクサイ(当然役に立つ人はいるはず)。毎回の文法ポイントもわかりきったものなのでメンドクサイ(中級入り口の人はやるべきですよー)。ロシア語応用編に対する態度と大違い。そんなもんさ。

だけど、内容がほかの国からフランスにやってきた人たち、6か月で24人を紹介するというのは興味深い。1人称体のを別の人が読んでいる(レナ・ジュンタさんという情報あり)。文法説明は聞かず、本文だけ24週間、聞いてみようかな。前期19-4月期の入門編同様、フランコフォンづいてるね、まいにちフランス語。よいことだ。

★ 「まいにちスペイン語 応用編」(柳沼孝一郎先生;すばらしきラテンアメリカ ¡Américas fantásticas !)

シシド・カフカさんの旅するスペイン語がアルゼンチンに行ったごとく、こちらはラテンアメリカを巡る応用編。6か月でほとんど全部のラテンアメリカ諸国を訪れるそうだ。ほほう。

私はひねくれているので、綴り字が読みやすいスペイン語はそんなに興味ないが、ラテンアメリカのスペイン語のいろんなバリエーションには興味がある。スキットは日本人夫妻が巡る旅で人々にであうという設定。オーソドックスだが、私は好きな形だ。入門編卒業したての人にも役に立つのではないだろうか。

先生とシルビア・ゴンサレスさんの声も聴きやすいので(こればっかり)、聞き続けてみようかと思う。

さて、1週間に2本×3番組=6本か。1日1本聞けば、6日間埋まるからちょうどいいかな。


by L-monger | 2019-10-10 17:38 | NHK語学講座 | Comments(1)  

Commented by みみ at 2019-11-19 05:53 x
Hachette社のテキスト、Cosmopoliteシリーズもフランコフォンを歌っていますから世界的な傾向なのかもしれません。このテキストは表紙と一部のテーマがフランス本国以外のものですが全体的には以前の教材、alteregoと同じ感じです。

19-10月期の開始(2) テ... >>