<   2018年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

ロシア語学習のご褒美:セルビア語も楽し(18年2月24日)

このブログをいつも読んでくれる方々はご存じと思うが、私の学習する外国語は語族とか語派がバラバラである。フランス語、中国語、ロシア語、ドイツ語は、それぞれロマンス語、シナ・チベット語、スラヴ語、ゲルマン語に属する。だから一つの外国語で覚えた単語が、他の外国語でも使えるという幸運に浴することはほとんどない。(英語とフランス語経由で輸入したものは多少あるけど、高級語彙が多いから、日常の単語としてはなかなか…)。

ところが先日、図書館に行き「エクスプレス セルビア語・クロアチア語」という本を見つけ(ニューエクスプレスじゃない方)、挿絵があまりに可愛いので(!)おもわず借りてしまった。歴史的な事情からこの言語はラテン文字(英語など)とキリル文字(ロシア語など)の2通りで書かれるそうだが、この本はメインとしてラテン文字で書いてある(キリル文字版は巻末にある)。以下、サンプルページ。

c0059093_22201466.jpg
ロシア語を学習している方は、これを見て「おおっ!」と思うのではないだろうか。フリガナの方で書くが「ヨーッツァ・ウーチ・ヤパンスキ」(ヨーッツァは日本語を勉強しています)なんてロシア語そっくりだ。「Он учится」とか「японский язык」を思い出すだろう。まあ、格変化は違うけど。「オナ・ムノーゴ・チータ」(彼女はたくさん読書する)なんてのもそうだ。

興味のある方のために、この課の文法解説のぺージも載せておく。ロシア語と異なり、疑問文にするための語句があったりして面白い。(ロシア語にもあるが、使わないのが普通)

c0059093_22214583.jpg
こういうのが学習のご褒美なんだろうなあ。フランス語を学習しているなら、イタリア語とかスペイン語。中国語を勉強しているなら、広東語。ドイツ語を勉強しているなら、北欧の諸言語。それらを勉強するとそんなに苦労せずに「おおっ!分かる、分かる!」って経験ができるんだろう。しかも細かい部分では異なっているので、それも面白い。物好きな方はお試しあれ。

まあ、私は楽をしようと思っているわけではないので、あいかわらず1語族1語主義で行くけど。その方がなかなか身につかなくて、楽しむ期間を長くできる(笑)。


[PR]

by L-monger | 2018-02-24 22:27 | ロシア語 | Comments(0)  

18-4月期情報(2)と感想 NHK外国語講座 (18年2月16日)

昨日投稿したばかりだが、紹介したページに講座の一覧表のボタンが出現していた。毎月のテキスト末尾に掲載されている、あの表だ。2、3行の説明文がついてくるので、昨日の情報より少し詳しい。

→ 2018年度 前期の語学講座(英語以外)のご案内(PDF)

以下、新作講座の感想だ(開始前の単なる印象とか妄想。再放送のテレビ「旅する~」や応用編はだいたい除く。一部書く)。

★まいにちフランス語(入門編):Sautez le pas ! 1歩踏み出そう!(野澤督先生)
「まず勇気をもって話してみましょう」というコンセプトだそうだ。ばりばり初心者向けかな?
フランス語にはそんなに新規の学習者がいるのだろうか?(リピーターが多いと思う)

★まいにちドイツ語(入門編):ぶどう畑のマリー(藁谷郁美先生)
昨年2017年度の新作はドイツ語圏の建物巡りだったが、今年はワインめぐりらしい(笑)。
「ぶどう畑のマリー」ってタイトル、いいなあ。

★まいにちスペイン語(入門編):”お・も・て・な・し”のスペイン語(福嶌教隆先生)
ノリー!久しぶりに入門編やるんだね!(なれなれしい)
ノリ先生のノリ(しゃれ)が好きなので、最初だけでも聞いてみたい。

★まいにちロシア語(入門編):ロシア語文法のとびらを開こう!(秋山真一先生)
「文法」とハッキリ言うのは珍しい。昨今は嫌がられるからねえ。
でもロシア語は語順が変わってもOKなので、文法(格変化)を身に着けないと前に進めないのだよな。
私としては面白いスキットにして、例文を覚えやすくしてくれれば幸い
(今やっている13番館のように)。

★まいにち中国語:ゆったりとしっかり学ぶ中国語(李軼倫先生)
「何度も聞いて、声にだし、書いてみる」は大賛成。練習問題、多くしてね。
できれば離合詞に「一点儿」を挟むみたいな練習もしてほしいなあ。
(中国語講座で、なぜそれをやらないのか不思議でならない)

★レベルアップ中国語 (再放送)間違いのない中国語を目指そう(楊 凱栄先生)
これは例文拾いして学習済み。初級やった人が復習でやるのに向いている。

★レベルアップ 中国語(再放送)S君の取材ノート4~リスニングで知る現代中国(楊達先生)
わーこれはレベ中の一番初期にやったリスニング講座ではないか(2013年=5年前)。
現地の生の声でないのが残念だけど、アナウンサーによる読み直しでもリアル系の中国語なので
良いかも。私にはレベルが高いので、録音して冷凍保存してあるやつ。



[PR]

by L-monger | 2018-02-16 13:16 | NHK語学講座 | Comments(6)  

18-4月期情報(1) NHK外国語講座 (18年2月15日)

バレンタインデーの昨夜、NHK出版の定期購読のページでNHK外国語講座、本年4月以降の新学期の情報が発表されていた。あまり詳しい内容ではないが、情報の第一弾として紹介する。

これは定期購読を申し込む人のためのページで、ずっと下の方の各テキスト名に「テキスト」や「CD」のボタンが付いているので、クリックすると内容が見れる。

以下、私の興味を引いたものだけ、タイトルと講師名をリストする。

まいにち中国語:ゆったりとしっかり学ぶ中国語(李軼倫先生)
まいにちフランス語(入門編):Sautez le pas ! 1歩踏み出そう!(野澤督先生)
まいにちロシア語(入門編):ロシア語文法のとびらを開こう!(秋山真一先生)
まいにちドイツ語(入門編):ぶどう畑のマリー(藁谷郁美先生)

テレビで中国語:通じてハッピー! 40のおもてなし(陳淑梅先生)
テレビでハングル講座:届く・伝わる“リアル”ハングル!(阪堂千津子先生)

これらの講座や講師陣についての感想はコメント欄にだんだん書くつもり。皆さんも良かったらどうぞ。


[PR]

by L-monger | 2018-02-15 12:24 | Comments(3)