<   2018年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

自主学習:フランス語と中国語をとりかえっこ(18年5月28日)

3週間、ブログをご無沙汰した。九州の実家の父が入院したり、転院したり、退院したりしてその間忙しかったので、2週間ほど語学ができなかったのだ(英語の仕事はずっとしていた)。しかし、目鼻がついて東京の自宅にもどったので、今週からようやく語学に復帰する。やっほう。

表題の「とりかえっこ」だが、昨年9月から今年4月まで、フランス語=仏語版「名探偵コナン」からの例文拾い、中国語=「まいにち中国語」(17年4月期=高木美鳥先生;聞いて話す!耳から覚える中国語)からの例文ひろい、をやっていた。片方はマンガ、もう一方はラジオ講座だ。それが両方とも終わったので、この5月から交換して、フランス語=ラジオ講座、中国語=中国語版ドラえもんをネタとして例文ひろいすることにする。今後6か月の予定だ。

フランス語は「まいにちフランス語 応用編」(17年10月期=姫田麻利子先生、前半=フランソワ・ルーセル先生、後半=マリー・フランソワーズ・パンジエ先生;日仏交流さんぽ)をネタ元に使う。この講座は4課でワンセットなのだが、第3課の会話パートと第4課後半の表現まとめだけを使う。第1課、第2課の和文仏訳と第4課前半のSNSは使用しない(私には難しいので(笑))。全12回、3か月くらいで終わるので、その後は別の応用編を使う予定。名探偵コナンよりワクワクしない内容だが、偏った栄養(学習内容)へのサプリみたいなものと思ってやる。

→過去記事へのリンク=17-10月期フランス語応用編とロシアゴスキーのページ紹介 (17年10月1日)

中国語は、去年休止状態に入った中国語版「ドラえもん」からの例文拾いを再開する。コロコロコミック版第4巻相当のもので「のろいのカメラ」からスタートだ。実用的な高木先生の「耳から覚える中国語」も良かったのだが、やはりマンガの台詞は面白い。「ううん、考えただけでもおそろしい(啊呀,光想想都觉得可怕。)」とか「君の顔は怒っても面白い顔だね(你这张脸,生起气来也这么滑稽。)」とか、内容も文法もラジオ講座よりずっと面白い。

実を言えば、仏中両方ともマンガをやりたいのだが、1回分それぞれ週3日くらいかかるので(仕事の合間にやるため)、二つともやると滞ってしまうから、仕方ないのだ。ラジオ講座なら1日で例文ひろいできる。さて、半年間、楽しもう。


[PR]

by L-monger | 2018-05-28 18:06 | 学習法 | Comments(0)  

GW再放送期間に第4週入門編を聞き、今後の方針を考える (18年5月6日)

世間の人と違い、GW中も仕事をしているため、ラジオ講座聞きも、例文学習も、ブログも快調に進行中である。聞きそびれていた第4週の入門編を流し聞きして、今後の方針を考えた。

★まいにち中国語:ゆったりとしっかり学ぶ中国語(李軼倫先生)
一番楽しい。おっと思うような発見もある。今の所、レベルが低いパートで、将来の例文拾い学習に使えそうにないが、後半の7月以降は使えるかもしれない。

★まいにちロシア語(入門編):ロシア語文法のとびらを開こう!(秋山真一先生)
文法上の発見があるのでテキスト5月号も買ったが、スキットがあまり面白くない(色気がない)ので、将来の例文拾い学習には使わないような気がしてきた。

★まいにちスペイン語(入門編):”お・も・て・な・し”のスペイン語(福嶌教隆先生)
よくできた講座なのだが、スペイン語は私の学習言語でないので、気がのらない。そろそろお暇しようかと思う。

★まいにちドイツ語(入門編):ぶどう畑のマリー(藁谷郁美先生)
前半のスキットはいろんな要素が入っていて面白いが、後半の練習の要求レベルが私には低くて、飽きる。前半だけ聞こうかな。

★まいにちフランス語(入門編):Sautez le pas ! 1歩踏み出そう!(野澤督先生)
スキットや文化コーナーは面白いが、和文仏訳的な練習がないので、私は盛り上がらない。最初の5分と最後の5分だけ聞こうかな。

というわけで、流し聞きしている夜の皿洗い時間は、以下のような時間割にしようかと思う(左から月、火、水…の順番)。
c0059093_18011709.jpg
暫定的なものだから、また変えるかもしれない。


[PR]

by L-monger | 2018-05-06 18:04 | NHK語学講座 | Comments(0)  

ゴールイン! 17年4月期 まいにち中国語 練習完了(18年5月5日)

★ 「まいにち中国語」(17年4月期=高木美鳥先生;聞いて話す!耳から覚える中国語)
c0059093_14232627.jpg
昨年10月より例文拾いして練習していた、上記の講座が完了した。少し難しくなる後半3か月(7月号~9月号)の計60レッスン(12週間分)を、ほぼ予定通り、31週間かかって終わらせた。つまり、毎週2レッスンずつ進めた。例文を毎レッスン8個ぐらい×2レッスン分=16例文を拾って覚えるようにしたから約500例文を練習したことになる。

この講座の特徴は以前、下の記事に書いた。

参考記事へのリンク→17-4月期中国語の感想:単調な練習こそ楽しい (17年10月20日)

解説を少なめにして、例文をどんどん練習させる形態は、私の学習方法にぴったりだった(相性が良かった)。休止中の中文版「ドラえもん」第3巻の学習内容は中級に近く、この入門編「耳から覚える中国語」は初級なので少しレベルダウンではあるが、逆にそれゆえに楽にどんどん例文を言う練習をすることができて気分が良かった(今も繰り返し中なので、気分が良い、と現在形で書くべきか)。
c0059093_14240365.jpg
(上の画像はラスト2回分のレッスンで、1レッスンあたりの覚えることが多かったため、特別に1週1レッスン、だから例文数は15個か14個)

また、「ドラえもん」は内容が面白い分、実用性に欠けるが、「耳から覚える」は初級とはいえ、実際の場面を想定した例文なので、今後、中国語を使う必要性が出たときは、きっと役に立つだろう。

さて、これから半年ぐらいは「耳から覚える」の例文を復習モードで反復し、「ドラえもん」の例文を学習モードで増やしていく形態にもどろうと思う。基礎力が付いた気がするので、少し「ドラえもん」の中国語を理解しやすくなったかもしれない(希望的観測)。


[PR]

by L-monger | 2018-05-05 14:27 | 中国語 | Comments(1)  

ラジオ講座を繰り返さず、例文を繰り返す (18年5月3日)

熱心な人の中には、録音したりストリーミングで何度も繰り返してラジオ講座を聞く人もいると思う。何度も聞いて記憶にとどめようと思ってのことか、とにかく、やり方は人それぞれなので、それはそれで良いと思う。

ただ、私は時間がもったいないのと飽きるのでできない。分かりきった説明を何度も聞くよりは、数多くの例文を日本語→対象外国語に瞬間翻訳する練習をした方が、飽きなくて良い。そこで、自分で拾った例文をボイスレコーダーで自分で吹き込み、練習するようにしている。

だいたい15分間の皿洗いの時間に5分程度のファイル3個分練習できるが、ファイル1個に15個の例文を吹き込んであるので、15例文×3ファイル=45例文を毎回練習している。これがさっとフランス語・中国語・ロシア語・ドイツ語で言うことができると実に気持ち良いのだ。同じファイルを週に3回繰り返すので、毎週のべ135例文を思い出す練習をしていることになる。いまのところ。


[PR]

by L-monger | 2018-05-03 14:06 | NHK語学講座 | Comments(0)