<   2018年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

新番組「おもてなしのハングル」、中国語との差分比較(18年10月11日)

今学期 18-10月期より開始された新番組「おもてなしのハングル」(長友英子先生;知って伝えるコミュニケーション術)の第1週目、2回分を聞いた。2017年より反復再放送されている「おもてなしの中国語」(及川淳子先生)と同様のシリーズだが、言葉が違うと、やり方とレベルが少し違うようだ。検索したが、その差分について書いてあるブログ記事などはなかったので、日本で初めて私が書いてみる。貴重な記事だ(笑)。

テキストをお持ちでない方はNHK出版の試し読みで見てください(→ハングル、→中国語

1. レッスン順が、会話→基本フレーズの順である(中国語は逆)。
2. レベルが、中国語より少し上。
3. 会話(スキット)にキャラクター、ストーリーが設定されており、会話が少し長い。(中国語はスキット間に同じキャラクターや流れがない)
4. 韓国と日本の文化の違いについて具体的な話を取り上げる(例えば、単なる挨拶として「よろしくお願いします」とは言わない、気軽に言うと何を頼まれたのだろうと相手は悩む)(中国語は「富士山」などや日本文化の特定テーマについて取り上げる)
5. 最後のコーナーは、会話の場面を想定したチャレンジ問題(中国語は、会話のついでに入れ替え=あなたにカスタマイズ)

どうしてこういう違いがあるか考えてみたが、ハングルは結構上達する人が多いのではないだろうか、だから観光客相手というより身近な話について(自分自身について)語る段階まで取り上げることができる。それに対して中国語は初級段階でつまずく人が多いので(声調!)、インバウンド観光客を相手にした基本フレーズのみになっている、のかなあと思った。


[PR]

by L-monger | 2018-10-11 15:17 | ハングル | Comments(0)  

18-10月期スタート 新作応用編ほかの初回印象 (18年10月6日)

10月期がスタートして、いろいろ流し聞きしてみた。入門編の方は以前、流し聞き or 学習完了しているので、応用編を中心に一言感想を書いてみる。お断りしておくが、まだ1週目なので後で振り返ると間違った印象であるかもしれない(前にもあった)。

★「まいにちドイツ語 応用編その1」(太田達也先生;話して覚えるとっさのドイツ語)

テレビ「旅するドイツ語」とゆる~く連動しているそうだ。比較のために旅ドイも見てみた(物好き)。あちらの第1回は「注文する」があったのに対し、こちらの第1回はレストランで食事が終わっての「支払いをする」だった。表現の中心は、よく聞き取れない時に「もっと大きな声で言ってください」などの聞き返し表現。実用的かつそんなに難しくなかった。

モーツァルト君たちは応用編なのでドイツ語でしか話さない。ベートーベン君の「ござる」が聞けないのでぴんと来ない(笑)。まあゆる~く連動なので、良しとしよう。

★「まいにちドイツ語 応用編その2」(田中雅敏先生;ドイツ語発見の旅2)

テキストの構成は変わったが、レッスンの構成は前シリーズと同じだった。1か月目は格変化について4回分。レベルとしては入門編を終わったばかりの人でも理解できるだろう。でもどうして4格なのか、3格なのかという理屈は面白く、もう少し上のレベルの人にも役立つのではないだろうか。

私は前回、例文ひろいして学習したが、今回もやろうかなあ、どうしようかなあ。と考えながら6か月、流し聞きしてみたい。

★「まいにちフランス語 応用編」(野澤丈二先生、シルヴィ・ボォ先生;フラぶら~ Flanerie dans le Japon quotidien)
テキストなしで聞いてみた。まず「カッパ橋」から始まり、日常会話を通じて日本のいろんな事物を紹介している。レッスンの形態はオーソドックス(スキットを提示→解説→重要ポイントの解説)なので、私のように反復練習のネタの例文ひろいを主眼としている受講者には使いやすそうだ。逆に言えば、受け身で聞き流すと何も身につかず「面白かったね」で終わりになるだろう。

★「まいにちロシア語 応用編」(徳永晴美先生;日本へようこそ!~ 日本と日本人をかたる)
テキストなしで聞いてみた。書き言葉を通じて日本のいろんな事物を紹介している。これも、レッスンの形態はオーソドックス(テキストを提示→解説→重要ポイントの解説)なので、私のような受講者には使いやすそうだ。

徳永先生(男)は昔風の豪快な話し方をする先生で、私は好きだ。同時通訳でやる「訳し下し」方式で訳していくが、私も例文練習の時にはこの方式なので、好印象だ。これもいろいろ考えながら6か月、流し聞きしてみたい。

そうそう、10/5(金)の「まいにちロシア語 応用編」は緊急地震速報のため最後のあたりが録音されてなかった(その時点で夕方の再放送も終わってた)ので、来週の再放送枠かストリーミングで最後まで聞いて(録音して)おきたい。録音しっぱなしで聞いてない人は要注意!



[PR]

by L-monger | 2018-10-06 14:23 | NHK語学講座 | Comments(0)  

18-4月期 流し聞きゴールインしての感想 (18年10月1日)

先週で4月期の各講座が終了した。私は将来ちゃんと学習する講座を選ぶため、そして楽しみのため、一回目は単に最後まで流し聞きするようにしている。以下、感想。

★まいにちロシア語(入門編):ロシア語文法のとびらを開こう!(秋山真一先生)
途中で流し聞きを中止した。私には合わなかった。
→ 参考:現行のまいにちロシア語入門編:残念だけど2か月で流し聞き中止(18年6月2日)

★まいにちスペイン語(入門編):”お・も・て・な・し”のスペイン語(福嶌教隆先生)
なかなか面白いと思ったが、途中で流し聞きを中止した。スペイン語は学習対象ではないので。

★まいにちドイツ語(入門編):ぶどう畑のマリー(藁谷郁美先生)
最後まで流し聞きした。練習問題の言い換えを簡単にして、その分、感情をこめてほしいという教えだったが、私には易しすぎて退屈なので、将来学習ネタにはしない予定。

★まいにちフランス語(入門編):Sautez le pas ! 1歩踏み出そう!(野澤督先生)
最後まで流し聞きした。フランス(フランス語圏)のいろんな話題を取り上げているのは興味深かった。しかし文法や構文は私には易しすぎるので、将来学習ネタには使わない予定。

★まいにち中国語:ゆったりとしっかり学ぶ中国語(李軼倫先生)
李軼倫先生の例文の日本語訳が素晴らしかった。日本語→中国語の訳し戻しを練習すると、感情が込めやすくて良いと思うので、将来、ちゃんと学習する予定(たぶん後半3か月だけ)。

というわけで、今学期は途中中止2本、最後まで流し聞き2本、将来学習予定1本となった。

私がリアルタイムで学習しない理由は以下を見てください。
→ 参考:タイムシフトでマイペースに楽しむNHK語学講座(17年2月6日)


[PR]

by L-monger | 2018-10-01 14:29 | NHK語学講座 | Comments(0)