人気ブログランキング |

タグ:スペイン語 ( 29 ) タグの人気記事

 

19-10月期の開始(3) ラジオ応用編新作 初回感想「まいにちロシア語/フランス語/スペイン語」(19年10月10日)

先週から19-10月期がスタートした。ラジオファンの私がなぜすぐに感想を書かないか疑問に思った人がいるかもしれない。答え=トークマスターの充電を怠り、初回の録音が途中で切れまくったから。

でも今はストリーミングがあるので、翌週になればネットで聞くことができる。ソフトを使えばダウンロードもできる(ラジリンガルなど)。便利である。ドロップアウトを生み出す罠である(笑)。

リンク→ NHKゴガク(ラジオ講座の前週分を聞ける。むしろネット講座と呼んでも良いかも)

入門編は再放送なので、いずれも一度聞いたことがあるから、3つの応用編だけ感想を書いてみる。お断りしておくが、ただの印象なので後で変わるかもしれない(以前に何度もあった)。以下、私の興味ある順番で。

19-10月期の開始(3) ラジオ応用編新作 初回感想「まいにちロシア語/フランス語/スペイン語」(19年10月10日)_c0059093_20442128.jpeg

★ 「まいにちロシア語 応用編」(クセーニャ・ゴロヴィナ先生、パートナー小賀明子さん;インタビューで磨く表現力

久々にロシア人の先生の応用編。クセーニャ先生の日本語がかわいい(失礼)。通訳者・小賀さんの日本語は聞きやすい。

6か月で3人のインタビュー(バレリーナ、指揮者、映画監督)。1人2か月は長いかと思ったが、いえいえ。最初は元プリマバレリーナ、ロパートキナさんだが、クセーニャ先生のお母さんはバレエ学校の副校長だったりする(先生はバレエの道に進まなかった)。インタビューが適当に持ってきた素材ではなく、先生たちとの関係性が深いのだ。当然内容も深いところをついてきている(という気がする)。

私には単語レベルが高すぎるので知っている単語が全体の10~20%程度しかないが、説明されれば文法構造は何となくわかる。ロシア語自体に興味を持って聞き続けられるか、微妙だがとりあえず、冷凍保存しながら聞いてみる。明日のために!

毎回の文法ポイントもよい復習になっている。私のレベルが低いから(笑)。できる人にはうっとおしいんだろうな。

★ 「まいにちフランス語 応用編」(清岡智比古先生、フロランス・メルメ・オガワ先生;フランスで『世界』と出会う~ La France: carrefour du monde)

おなじみ清岡先生とフロランス先生(しかし、このペアは初めて)。

清岡先生の過去の応用編と同じく、毎回ウォーミングアップとして大きな数の聞き取りをやる。私は聞き取れるのでメンドクサイ(当然役に立つ人はいるはず)。毎回の文法ポイントもわかりきったものなのでメンドクサイ(中級入り口の人はやるべきですよー)。ロシア語応用編に対する態度と大違い。そんなもんさ。

だけど、内容がほかの国からフランスにやってきた人たち、6か月で24人を紹介するというのは興味深い。1人称体のを別の人が読んでいる(レナ・ジュンタさんという情報あり)。文法説明は聞かず、本文だけ24週間、聞いてみようかな。前期19-4月期の入門編同様、フランコフォンづいてるね、まいにちフランス語。よいことだ。

★ 「まいにちスペイン語 応用編」(柳沼孝一郎先生;すばらしきラテンアメリカ ¡Américas fantásticas !)

シシド・カフカさんの旅するスペイン語がアルゼンチンに行ったごとく、こちらはラテンアメリカを巡る応用編。6か月でほとんど全部のラテンアメリカ諸国を訪れるそうだ。ほほう。

私はひねくれているので、綴り字が読みやすいスペイン語はそんなに興味ないが、ラテンアメリカのスペイン語のいろんなバリエーションには興味がある。スキットは日本人夫妻が巡る旅で人々にであうという設定。オーソドックスだが、私は好きな形だ。入門編卒業したての人にも役に立つのではないだろうか。

先生とシルビア・ゴンサレスさんの声も聴きやすいので(こればっかり)、聞き続けてみようかと思う。

さて、1週間に2本×3番組=6本か。1日1本聞けば、6日間埋まるからちょうどいいかな。


by L-monger | 2019-10-10 17:38 | NHK語学講座 | Comments(1)  

19-10月期の開始(2) テレビ「旅するスペイン語」と「旅するフランス語」はレベルが違う感じ(19年10月8日)

「旅するスペイン語」に出演している旅人役のシシド・カフカ嬢。名前だけで男と勘違いしてすみません(だって宍戸開さん=アラビア語とかいたし、作家フランツ・カフカは男だし)。

前の記事で「旅する」シリーズはしつこさが足りないと書いたけど、このスペイン語番組については撤回する。彼女は中級(?)なのでどんどん新しい表現を言ってほしいと思う。実際、旅のパートナーに出会うために、現地の人にどんどん話しかけている中から、役に立つ戦略というか、言い回しがあった(Una pregunta とか)。これからも見たくなった。


対照的に、「旅するフランス語」に出演している旅人役の柄本弾さんは全くのフランス語初心者なので、綴り字規則がほかのヨーロッパ語とまったく違うフランス語の看板はガンガン読み間違えている。それを、ガイド役や先生役が正しい読み方に直す、という斬新な教え方をしている。

規則を教えてないので、なんで ai が エ で、e が無音だったりするのか、見ている人は覚えられないだろうけど(ラジオ講座を聞けってか)。まあたぶん、バレエダンサーは言葉なしでも通じ合えるんだろう。


by L-monger | 2019-10-08 14:28 | NHK語学講座 | Comments(0)  

2018年の年末年始特別番組/NHKラジオ第2 (18年12月30日)

今年は異変がある。何かというと、番組編成がほぼ通常のままなのだ。いつもの語学番組の前の週の再放送がほとんど。今回の年末年始は9連休になる(人もいる)ので、出かけててどうせ聞いてくれないとNHKがあきらめたのか、それともよほど予算がないのか。

参考:年末年始・特別番組のご案内(NHKゴガク)


見たらわかるけど、12月31日から1月3日までの4日間、午後5:00~6:00(再放送:午後9:00~10:00)の枠だけが特別番組だ。


(ご注意!上のページでは「12月31日(日)・1月1日(月)」と誤記している。大晦日は月曜日、元日は火曜日だよ!原稿書いた人はよほど疲れていたのか。)

「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」は簡単英語で表現を苦労しているのが面白いのでちょっと聞いてみようかな。

「まるごとユーロ!」は独と仏の組み合わせで1番組、西と伊の組み合わせで1番組。比較してくれるのは良いけど、番組数は半減。西伊両方の番組に出たことのある、竹財輝之助クンは良かったね(今期の旅スペを見ていると、チャレンジ内容が多岐に渡って面白い。食べてばかりの旅フラは見習ってほしい)。

あとは昔の語学番組の録音でも聞き直してみようかな。あ、時間ないから無理か(自宅にいる間は、秋山先生のロシア語を毎週6本聞くのでスケジュールがパンパン)。


by L-monger | 2018-12-30 14:39 | Comments(3)  

新学期18-4月期:第1・2日目の入門編の流し聞き印象 (18年4月3日)

1日目と2日目の流し聞きが終わった。計2時間半(笑)。3日目まで聞けば、今週の入門編は終わるものがほとんどだが、集中して聞くのもそろそろ飽きたので、後は先週立てた計画に戻ろうと思う(自主学習を再開しつつ)。ちょっとだけ印象を書いておく。

★まいにちロシア語(入門編):ロシア語文法のとびらを開こう!(秋山真一先生)
声ハンサム。巧みな説明だし、知らないことも教えてくれるので、面白い。
問題練習はやはり燃える。アナトリーさん、お久しぶり(匹田先生の時以来)。

★まいにちスペイン語(入門編):”お・も・て・な・し”のスペイン語(福嶌教隆先生)
実用(スキット)と文法(ar動詞の活用)をバランスとっている。
二人の先生たちどうしでスペイン語話すし、リピータも飽きなくて良いのでは。

★まいにちドイツ語(入門編):ぶどう畑のマリー(藁谷郁美先生)
文法と作文が主体。練習問題では言い換えができるようにする。
その中で使えたら実用も、という方法。まだ退屈だけど、この方法論は先が楽しみ。

★まいにちフランス語(入門編):Sautez le pas ! 1歩踏み出そう!(野澤督先生)
クロエさんがいるので心配したけど「~だよね」というタメ口日本語は最低限で良かった。
今のところ、文法も活用もやらないので、人によっては物足りないかも。
知っている表現にヌケがないかをチェックするリピーター(私)には良いだろう。
フリートークが台本の棒読みなのはご愛嬌。

★まいにち中国語:ゆったりとしっかり学ぶ中国語(李軼倫先生)
2日目に三人の先生が全員日本語で話したのは驚いた。李軼倫先生の声は癒し系で好き。
しかし声調の練習は私には退屈なので2倍速で聞いている。早くスキットが始まってほしい。

皆さんはどうでしたか?

● 4/4(水)追記:新学期が退屈だ~という人は以下をどうぞ。私も実践中。

過去記事:語学の小ワザ(5) 新学期が退屈なら回れ右 (16年3月23日)


by L-monger | 2018-04-03 22:30 | Comments(5)  

今度の水曜日に「旅するユーロ」特番放送 (16年9月12日)

とっくにご存知の方も多いと思うが、以下の日時でNHK Eテレで「旅するユーロ」(旅するフランス語/スペイン語/ドイツ語/イタリア語)の10月放送開始前特番がある。

9月14日(水)午後11:00~11:25

興味のある人はご覧になってはいかがだろうか。

ちなみに2007年までのテレビ「フランス語会話」などは「語学>旅番組」
2008年~2016年9月までの「テレビでフランス語」などは「語学=旅番組」
今年2016年10月からの「旅するフランス語」などは「旅番組>語学」になったかなあと思っている。

テレビ番組で語学の基礎を形成するのは時間的に困難と思えるので、私は中学生の時からラジオ講座メイン派だが(当時は英語の学習)、美しい風景や外国の方々の生活を眺めて、語学学習のモーティベーションを上げるにはいいかなと思っている。

(某所で見ると、イタリア語の東儀さんは3週間イタリアに滞在して収録したように書いてあった。6か月24回をそのぐらいで撮るのは、毎回2本撮りで12回=6か月間、NHKのスタジオに来るより拘束が短いから、これまでより有名な人を使えるわけか。時間をかけて進歩するわけでないから、生徒役ではないな。この点、テレビで中国語やテレビでハングル講座の方が生徒役らしいと言える。来年はこっちも変わるのかな。)


by L-monger | 2016-09-12 15:12 | NHK語学講座 | Comments(4)  

16-4月期情報(4) 発売日前にテキスト試し読み (16年3月17日)

明日3月18日はNHK語学テキスト(英語以外)の4月号発売日だ。見るのを楽しみにしている人もたくさんいると思う。

NHK出版のサイトでは全部ではないが、一部のテキストに「試し読み」ボタンが付いていて(いずれ全部のテキストに付く)、最初の方のページが読める。書店でじっくり見るようには読めないが、待ちきれない人や近くの書店に欲しい言語が入荷しない人は、見てみると良いと思う。(4月号は、入門編の最初が文字の説明などリピーターには興味ない箇所だから、本当は3週目以降のレッスンを見たいんだけどね。あと応用編が見れないのはそろそろ何とかしてくれないか。)

リンク→NHK出版の語学テキスト一覧

現時点、3月17日午後2時でラジオ(ネット)講座はドイツ語、スペイン語、ロシア語などが見れる。テレビ講座は中国語などが見れる。一番人気のイタリア語やフランス語、ハングル講座が後回しになっているのは何か意図があるのだろうか?

by L-monger | 2016-03-17 13:56 | Comments(6)  

仏独西ラジオ入門編のCEFRと通年化は良かったのか(16年2月27日)

まだ通年化して11か月目であるが(後期入門編としては5か月目)、3月になったらどうでも良くなりそうなので、今のうちに書いておこう。とはいえ、曲がりなりにも聞き続けているのは仏独西だけで、伊はフォローしていないので分からない。

★「まいにちスペイン語 入門編」(菅原昭江先生;スペイン語のジムにようこそ!)

前期入門編(江澤照美先生;みんなのスペイン語)に引き続きの後期入門編。やはり6か月ごとに違う先生にやってもらうと別の視点から新鮮な気持ちで練習できていいような気がする(これはイタリア語もそうだろう)。

CEFR対応ではあるが、実用的な表現と平行して、文法も取り上げるし動詞活用も練習する(筋トレルーム!笑)。三者の中では実用と文法のバランスが一番よいと思う。また取り上げられている表現も身近なものが多いので、スペイン語圏の人とすぐに話す必要がある人にも役立つし、そうでなくても感情移入して発音練習できる。

★「まいにちフランス語 初級編」(大木充先生;もっと話せるフランス語~文法より実践練習2)

前期入門編に引き続き、同じ3人の先生たちによる後期入門編(初級編と呼ぶけど)。直接の続編なので、前期で習ったことよりもっと難しい表現を取り上げていた。しかし、自己紹介とかワインのティスティングとか、自分の国の面積とか、文学や絵画の談義とか、こういう内容を話したいと思っている人には良いが、別にどうでもいいやと思ったら負けかもしれない。

前期後期あわせて、三者の中では一番CEFR対応らしい実用中心のカリキュラムだった。例えば複合過去形も条件法も出てくるが、活用練習などはせず、ちょこっと説明で言うだけなので、文法はこの講座以外で集中練習しないと「???」という状態だろう。綴り字の読み方も、他で勉強しないとたぶん怪しいままだろう。もう週3日講座でフランス語の基礎を習うというのはそもそも、無理なのかもしれない。

★「まいにちドイツ語 初級編」(中山純先生 クナウプ先生;Kompass2)

前期入門編に引き続き、同じ3人の先生たちによる後期入門編(初級編と呼ぶけど)。あ、フランス語と同じだ!最近はほとんど聞いていないので、最初の3か月だけの印象だが、どこがCEFR対応なのだろう? 確かにモーゼル日記には若者の生き生きとしたドイツ語がつかわれているようだが、これを文法主体で説明するため(Navigationで)、聞いていて回りくどいし、時間がもったいない。リアルだが、実用的でない例文もどうかと思った。あと本体と無関係な発音コーナー、メモ作りコーナーも意図が分からない。私の趣味としては、ドイツ語の文法体系は美しいと思うので、それを身に付ける練習をしてほしかったが、観光バスの中から名所をビューっと見て回ったような感じだった(前期も後期も)。避けられると良かったはずの観光バス方式。

「CEFRと通年化は良かったのか?」というテーマだが、私の印象では(今回の独仏西の実態を見る限り)ラジオ講座の可能性を小さくして、つまらなくしてしまったような感じがする。CEFRは実用に縛られて表現の幅が小さくなっているし、文法という道具を使わずに大人の学習者が外国語を身に付けるのは効率が悪すぎる。また通年化というは同じやり方を12か月やればよいというものではなく、ある時は表現のまとめ、あるときは文法のまとめというようなダイナミックな変化が必要だ。そのためにも同じ先生に12か月丸投げするのではなく、違う先生にお願いするような、講座編成作業をすべきではないのか(これらと比較して、シバリのないロシア語や中国語の講座は今年も、結構面白かった)。というわけで、特にドイツ語とフランス語は2016年の新しい前期入門編(別の先生)に期待したい。

参考:2014年4月号テキスト:仏独西伊にもCEFRレベル適用 (14年3月20日)
参考:入門編の通年化に対する熱意度ランキング (15年3月24日)

by L-monger | 2016-02-27 17:22 | NHK語学講座 | Comments(5)  

年末年始の特別番組/NHKラジオ第2 (15年12月28日)

相変わらず忙しいのでブログが書けないでいる。とりあえず、年末年始の特別番組(NHKラジオ第2)の情報。出かける方は録音準備を忘れずに。

ここが一番見やすいと思う。
「学びの森・年末年始特集番組」

一番宣伝したいのは12月31日開始の昼オビの「食べて!歌って!まるごとユーロ!」(西・仏・伊・独)だろうけど、私はあんまり興味ない…。

むしろ午後の「私の日本語辞典・選「言葉の発達の謎を解く~赤ちゃんの日本語学習~」とか夜の「新春朗読特集 池波正太郎の「真田騒動」」とかにちょっと興味を引かれる。

by L-monger | 2015-12-28 15:10 | NHK語学講座 | Comments(1)  

何度も聞き甲斐のあるラジオ講座:日外の順 (15年12月5日)

いくら好きなラジオ講座でも何度も聞くのはキツイ。1回聞けば理解してしまう説明部分は1回聞けばたくさんだ。問題は例文とか単語で、これらは1回聞いただけで覚えられるものではない(天才的な人は除く)。ラジオ講座を複数回聞くのなら、後者をうまい形でたくさん出してくれる講座が望ましい。

今、個人的に絶賛復習中の「まいにちロシア語 入門編」(臼山利信先生;サバイバルロシア語)はそういう講座だ。何がいいって「日本語」→「ロシア語」の順で単語も例文も言ってくれるので、先生が日本語を言っている間に、先に単語や例文を言えた時には、大変快感がある。

現在は例文拾ってボイスレコーダーで瞬間翻訳の練習をしているので、なおさらだ。しかも例文の数が多い。エクササイズまで入れると1課に付き20個以上16個程度の例文があるから、やり甲斐が他の講座の何倍もある。(通常の講座進行=週3日で3本ではとてもついていけないので、本放送の時の二分の一のスピード=週3日で1.5本、つまり2回ずつ聞くことにした。録音してあるので当然できる)

他の講座はどうだろうと思って注意して聞いてみたら、

「まいにちスペイン語 入門編」(菅原昭江(すがはらあきえ)先生)は「日本語」→「スペイン語」の順はそのような練習をするときだけで、他は「スペイン語」→「日本語」が多かった。むしろゲストの方が大量に話すスペイン語を全部シャドーイングすると良いかもしれない。

「まいにちフランス語 入門編」(大木充先生)は一文ずつの「日本語」→「フランス語」はほとんどなくて、ダイアローグのかたまりで練習することが多かった。従って、例文としてはパターンが少なくなるので(1回に2~3個)、私の趣味ではない(何度も聞く気がしない)。

あとドイツ語Kompass2はそのような練習ができるのは「モーゼル日記」だけのようが、日本人声優が感情を載せて、超スピードで話すので(当然)、聞いてぱっとドイツ語を言うのは無理だろう。

というわけで、サバロシをますます気に入っている。ムニェ・オーチニ・ヌラーヴィッツァ(笑)。

by L-monger | 2015-12-05 16:11 | Comments(7)  

12月のみのラジオ講座時間割に変更 (15年12月2日)

まいにちロシア語(匹田先生)を聞きはじめたので、朝晩の皿洗い時間のラジオ講座時間割を今月のみ、以下のように変更する。1月になったら、レベルアップ中国語が新しくなるのでまた変更すると思う。

12月のみのラジオ講座時間割に変更 (15年12月2日)_c0059093_160532.jpg


★「露(現)」=(旧作・再放送中)「まいにちロシア語 入門編」(匹田剛先生;繰り返しでマスター!文法の基礎固め)
→12月より聞き始めた(再度)。練習中心の細かな文法解説で臼山サバイバルに抜けていた部分を埋めていく予定。

★「露(サ)」=(旧作録音)「まいにちロシア語 入門編」(臼山利信先生;サバイバルロシア語)
→半分のスピードで2回ずつ聞くつもり。つまり今週は「月・月・火」と聞き、来週は「火・水・水」と聞く。その間に例文を毎回、5個ずつ拾い、ボイスレコーダーで瞬訳練習。

★「西」=「まいにちスペイン語 入門編」(菅原昭江(すがはらあきえ)先生;スペイン語のジムにようこそ!)
→なんだか火曜日の文法説明の練習がとても苦しくなってきたが、テキストをカンニングしながら(普通は見ない)ついて行ってみる。

★「仏」=「まいにちフランス語 入門編」(大木充先生;もっと話せるフランス語~文法より実践練習2」
→何のかんの言っても再開後13年やっているのでラクラク。(北村先生の応用編はちょっとお休みする)

★「レベ中」=「レベルアップ中国語」(加藤徹先生;つかみの中国語)
→完全に録音チェックのため聴く。冷凍保存しておいて将来に備える。

by L-monger | 2015-12-02 16:14 | Comments(1)