人気ブログランキング | 話題のタグを見る

もうすぐ半分おわり、2024-4月期:6月半ばのちょっと感想 (24年6月16日)

もうすぐ半分おわり、2024-4月期:6月半ばのちょっと感想 (24年6月16日)_c0059093_19233966.jpg
今回の初級編、言いたいことがいっぱいありすぎてブログを書けないでいたが、今週は思い切って2~3行だけ書いてみる。みなさんも良かったらコメント欄に感想を書いてください(短くていいです)。

気がつけばもうすぐ6月も終わり=6か月コースは、その半分、3か月が終わろうとしている。今回の初級コース、一年ぐらい続けてくれてもいいぐらいに思う。でもそれもお互いに大変か(笑)。

★まいにちロシア語(初級編)/言葉遊びで学ぶ表現の基礎(前田和泉先生)

アネクドートやことわざなど、集中的に取り上げた初めての初級編だと思う(応用編ならずっと過去にあったかもしれない)。先週、6月の第1週目は新出単語が多くてアゴをだしかけていたが、今週、第2週目は数字や季節、朝昼晩などすでに覚えている内容ばかりなので、私はラクをさせてもらっている。

★まいにちフランス語(初級編)/Zoé au Japon ~ゾエと学ぶフランス語(姫田麻利子先生、アルベリック・ドリブル先生)

この2週間はカラオケボックスに入り浸っている(笑)。「飲み放題」の説明の仕方とか、「ルームサービスみたいなもの?」とか、chambreとpiéceの違いとか。実用的、かつ細かい学習項目が並んでいる。細かすぎる!という学習者の人はいると思うが、ある程度知っている人なら、知識の穴埋めは楽しいだろう。再学習しようと思うような50代や60代の人にとって、高校や大学時代の第二外国語と言えば、ドイツ語やフランス語が多かったから、そこがターゲット層なのかな。来年はまた若い人をターゲットにするかもしれないけど。

★まいにち中国語(書いてないけど、たぶん初級編)/おとなりさんと中国語で話そう(西香織先生)

6月は新コーナーぞくぞく。思ってもみないような掛け合い漫才をやることも多いし、西先生、あらゆる機会をとらえて中国語を学ぶ・使う心構えを教えようとしているなー。感心感心。そして英語も使ってハローエブリワン!と挨拶したのは笑った。何語であっても(日本語でも!)挨拶しようとする気持ちが大事という意味だと受け取った。

もうひとつ。中国語の普通話は北方方言をベースにしているので「一点儿」「哪儿」などと儿化することが多いが、中国語初心者がここで挫折するのを防ぐ目的だろうか、 今回のテキストでは「一点」「哪里」などをベースとしている(ただし「一点儿」「哪儿」の発音も聞かせる)。私がこれまでに聞いた入門編・初級編ではずっとその逆だったので、これはNHK中国語講座史上、初めての試みではないかと思う(ちょっと大げさ)。「一点」「哪里」だって普通話なのだし、儿化をあまりしない南方人と話すことも多いと思うので、私はとてもいい試みだなあと思っている。

この記事がうれしかった人は、下のハート印をクリックしていただけると幸いです。


# by L-monger | 2024-06-16 19:27 | NHK語学講座 | Comments(1)  

四分の一終わり、2024-4月期:5月半ばのダラダラ感想 (24年5月18日)

大型連休が終わって2週間、各初級編コースが本気を出して来た。
私はうれしいが、悲鳴を上げている人もいるだろう。勉強する時間を増やして追いつけたら、実力アップもして楽しいよ!

★まいにちロシア語(初級編)/言葉遊びで学ぶ表現の基礎(前田和泉先生)

連休直後の第5週目の3回は、はじめてテクストとして詩を取り上げたが、短い詩といえども新出単語が多いし、説明事項も多いということで、いつもの冗談メインなトークは鳴りをひそめ、ひたすらまじめに詩を解説していた。我々リスナーの本気度を試すかのように。でも暗唱して披露すれば、ロシア語話者には、おおっ日本人が!と驚いてもらえそう。
四分の一終わり、2024-4月期:5月半ばのダラダラ感想 (24年5月18日)_c0059093_16234890.jpg

次の第6週目の3回は、おなじみヴォーヴァチカ君のアネクドート。しゃれが効いているので私は好きだ。トルストイがライオンというのは笑った。これでライオン лев という単語は覚えたね。インパクト重視の講座なので、はまると単語は覚えやすい。
四分の一終わり、2024-4月期:5月半ばのダラダラ感想 (24年5月18日)_c0059093_16235575.jpg

なお、父称を含めたロシア式の名前のシステムを初級で教えるのはとても良いと思った。小説を読むときにも知っておくと、登場人物名を覚える助けになるね。

★まいにちフランス語(初級編)/Zoé au Japon ~ゾエと学ぶフランス語(姫田麻利子先生、アルベリック・ドリブル先生)

全体の四分の一が終わったので(明言しているのは珍しい)、第6週目の水曜日に「復習中間テスト(1)」があった。テキストにそうタイトルが書いてある。ますます学校の授業みたいだ。いいなー。私は1,2問うまくできなかったが、楽しかった。Il faut que je ... という言い方、自然に言えるようになりたいなー。中性代名詞 en 使って、Non, je n'en ai pas なんてぱっと言えるようになりたいなー。

月曜日のメメントダルベリックで、芸術分野(アニメ、漫画、彫刻など)で単数と複数で言う場合の違いについての説明があった。le BD と les BD の違いなど。もう中級編だね。楽しいねー。(ちなみにゾエが レベデ と言った時、まったく文字が浮かばなかった。略語は知らないとねー)

四分の一終わり、2024-4月期:5月半ばのダラダラ感想 (24年5月18日)_c0059093_16245414.jpg
四分の一終わり、2024-4月期:5月半ばのダラダラ感想 (24年5月18日)_c0059093_16250066.jpg
★まいにち中国語(書いてないけど、たぶん初級編)/おとなりさんと中国語で話そう(西香織先生)

この講座は4月から快調なスピードなので、5月だからと言ってスピードアップした感じはしていない。まだテキストなしで聞いているが、新出単語は調べればわかるので、もう少ししてからテキストを買い始める予定(高くなったので3講座同時に買うのは正直キツイ)。息子の嫁は調べるのにちょっと苦労したけど。xífù 媳妇だっけ。

まじめにやってるなと思ったら、第6週目の最後の金曜日は、出演者3人の歌で始まったので笑った。やればやれるのよ!って感じ。西先生、楽しいなー。


# by L-monger | 2024-05-18 22:03 | NHK語学講座 | Comments(1)  

1か月聞き終わり、2024-4月期:4月末の感想 (24年5月2日)

大型連休中は前週の再放送なので、つまらないから、4月分の放送録音を聞きなおしている。これまでは、1か月目の講座は「やり直しさん」の私はよく知っている文字や発音の練習が多くてタイクツなので録音を聞きなおしたことがなかったが、今月の「初級編」は面白いので苦にならない。

1か月聞き終わり、2024-4月期:4月末の感想 (24年5月2日)_c0059093_21572180.jpg
★まいにちロシア語(初級編)/言葉遊びで学ぶ表現の基礎(前田和泉先生)

先生が普通でないし(ホメてます)、スキット相当部分(小話、早口言葉、なぞなぞ)も普通でないが、文法事項の説明はわりあいノーマルな順番。ただし、初級編のリスナーの多くはやり直しさんダロウという前提だから、進行は速い。面白いアネクドートやギャグで興味を引いてから、それでもスパルタ的に引っ張っていく手法。おちゃらけ口調、いいじゃないですか。清岡智比古先生のフランス語講座や参考書みたいで、私は嫌いじゃないなー。当然5月号以降もテキストは買うつもり。4月号は実体のある紙版を手でめくって匂いを嗅いで楽しんでいるが、5月号以降は将来復習する時に必要なテキストの月号を探しやすいように、電子書籍版にする。

★まいにちフランス語(初級編)/Zoé au Japon ~ゾエと学ぶフランス語(姫田麻利子先生、アルベリック・ドリブル先生)

従来のフランス語入門編はカルチャーセンターの授業みたいなものが多かったが(甘め)、この初級編「ゾエと学ぶ~」は大学の授業っぽい(ホメてます)。2023年10月期初放送で、現在再放送中の応用編「フランコフォニーとは何か」(木曜日と金曜日)が大学の授業っぽいのと似ている。

昔フランス語をやったけど忘れてしまった、ギャグなどの楽しみはなくてもいいから、ちゃんと身に着けたいという人にはぴったりの講座。いろーんな知識のチェックをさせてくれる。私はそういうのも嫌いじゃないので、再生を停止して答えを声に出したりしつつ楽しんでいる。時には辞書を引いて調べると新たな発見がある。特にメメントダルベリックは中級の上の方じゃないかという表現が出てくるので、これが可能/必要だ。5月号以降も、テキスト買おうかな~。

★まいにち中国語(書いてないけど、たぶん初級編)/おとなりさんと中国語で話そう(西香織先生)
(テキストはまだ買ってない)

月曜日にスキット全部を理解し、火曜日~木曜日に3分割したスキットを学習し、金曜日に全部を復習する。今の「まいにち~語」は15分間しかないから時間不足でこういう繰り返しをやってない講座が多いけど、記憶が定着しやすいので、このやり方いいね!(ただし、中国語とハングル講座以外の初級編は週3日しかないので、比較するのはカワイソウです)しかも、スキットを覚えた学習者が丸暗記したその流れじゃなくて、他の言い方をしたい場合も対応できるように、火~木では他に可能な表現も教えてくれる。いいね!

金曜日の復習では、ピンインだけ見て or 漢字だけ見て or 日本語訳を見て発音するという、しつこい練習をしてくれる(ホメてます)。日本にいて中国語を使う人たちにとても良いアドバイスをしてくれる。去年の加藤徹先生の講座に比べるとギャグやくすぐりは少ないが(今のところアイスクリームぐらい)大人が落ち着いて学習するのにはとても良い講座だと思う。劉セイラさんも落ち着いたしゃべり方で、自身の経験や考えなど話してくれるのも良い感じだ。

今のところ知らない単語が少なく、知らなかった単語も調べることでよく覚えるので、これからテキストを買うかどうかは思案中。


# by L-monger | 2024-05-02 22:00 | NHK語学講座 | Comments(4)  

二週間聞いた、2024-4月期:第2週目感想 (24年4月14日)

今学期の初級編、面白いなー。前回の記事に続く、第2週目の感想です。
前回の記事で書いたように、マユツバでオネガイシマス。

★まいにちロシア語(初級編)/言葉遊びで学ぶ表現の基礎(前田和泉先生)

今週はアネクドート三連発。議員先生への皮肉、おしゃべりなお母さん、謙虚な妻の話だった。

並行して、動詞の第2変化や名詞の格変化(まず単数対格)、形容詞の性数変化をおさらいした。ゼロ初心者の人は大丈夫だろうか?

今回のロシア語初級編は個性的な内容だが、習った単語や表現は再利用してくれるので、覚えたものが無駄にならない。練習問題に「謙虚な王様」などと出てくるので、おかしかったり分かって嬉しかったり。

前田和泉先生とマリア・プロホロワさんのやりとりも楽しい。マリアさん日本語の小説の翻訳者だったりするから、この講座にぴったりかな。

★まいにちフランス語(初級編)/Zoé au Japon ~ゾエと学ぶフランス語(姫田麻利子先生、アルベリック・ドリブル先生)

課文がショートメッセージだったり、間接目的補語の例文で「私たちにメッセージを送ってください Envoyez-nous un message.」って出てくるの今風だなー。名詞に形容詞を付けるの、性数を一致させないといけないって話で、練習問題で「古くて魅力的な図書室」とか出てくると、想像力が働いて面白い。

そして今週の水曜日から、散歩中に再生を止めながら回答する練習したら、すごく盛り上がった。つづり字の読み方として列挙される単語、ほぼ分かるのだが、2、3個知らないのを辞書を引いて学習すると本当に面白い。コレクター趣味だね。あと1個で揃うときはつい買ってしまうみたいな。

★まいにち中国語(書いてないけど、たぶん初級編)/おとなりさんと中国語で話そう(西香織先生)

テキストなしで聞いているが、「~という状況で、何と言いますか」の練習が面白い。決まりきった会話の流れを暗記するのでなく、こんな時はこうも言える、ああも言えるという教え方なので、応用が利くと思う。

出演者間のおしゃべりは少ないが、「あいさつ忘れてますよ」なんてシナリオだかリアルか分からない展開があるとクスっと笑えて、しつこすぎないのが大人向きでとても良い。

この記事がうれしかった人は、下のハート印をクリックしていただけると幸いです。


# by L-monger | 2024-04-14 19:32 | NHK語学講座 | Comments(2)  

過去3年間の特別体制が終了?:2021-2023 NHKラジテレ中国語講座(24年4月8日)

NHKラジオ・テレビの中国語学習番組は過去3年間(2021-2023年度)特別体制だったが、どうやらこの2024年3月までで終了したようだ。探した限り、まとまった記録が出てこないので、将来のために記録しておこうかと思う。

<<ラジオ講座「まいにち中国語」の特別体制>>
● バイリンガルの出演者2名(劉セイラさん、李焱さんなど)が番組の進行を担い、MCと講師の日本語による「おしゃべり形式」で進行する。→ この4月から講師=西香織先生が番組を進行させる形式に戻っている。

● 前半(4月~9月)に放送した内容を、すぐ後半(10月~3月)に再放送する。ただし、前半で学習者から質問を募集し、後半では金曜日の新作部分「お悩みバスターズ」でその質問に回答する。→NHK出版のページを見ると「(半年講座・後期は過去年度の再放送)」と書いてあり、この10月からは別年度の再放送になるらしい。「お悩みバスターズ」はもうやめるのかな?

●ラジオ講座のことをテレビ講座内で宣伝する。ときどき(あるいはレギュラー出演者として)ラジオ講座出演者がテレビに登場する。

<<テレビ講座「中国語!ナビ」の特別体制>>
● この講座はまだ2年間しか放送していないが、前作「テレビで中国語」の最終年から同じ出演者(イモトアヤコさん)が出ていたので、この3年間ではないかと思う。

● 生徒役は「テレビで中国語」時代より俳優やテレビタレントが多かったが、この3年間は超有名な人たち(2021イモトアヤコさん、2022イモトアヤコさん、2023EXILEメンバーの橘ケンチさん)が出て、お金のかかってそうな外国ロケやライブ映像などを駆使し、また超有名なゲスト出演者を呼んで、視聴者の興味を引いていた(その分、講師=陳淑梅先生が説明する時間が少なくなるほど)。

● ただし、予算をかけるのは1年の前半が多く、後半は地味にスタジオで説明や練習をする時間が多いので、私などは1年の前半はワクワクを楽しみ、1年の後半は学習を楽しむことにしていた。→ この4月の第1回目を見たところ、新生徒の檀れいさんが地味にスタジオで説明聞いて、練習をしてた。番組の後半にふなっしーが登場してようやく変化があった。

以上、思いつくまま書いた。他に付け加えたいことがある方は、下のコメント欄で教えてください。

この記事がうれしかった人は、下のハート印をクリックしていただけると幸いです。






# by L-monger | 2024-04-08 14:50 | NHK語学講座 | Comments(0)